スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから。。。

なかなか書き込むことが出来ませんでしたが、その後の様子を書こうと思います。

あれから、先週末にへ行って、診てもらってきました。
結果、真っ黒な袋だけがモニターに。。。
怖くて、最初は見れなかったのですが、カーテンの向こうから、先生の声が。。。
『やっぱり見えませんね。。。』と。

その後、先生から詳しく説明があり、現在の時点で見えないのは、
流産の可能性が、非常に高いです。。。
その一言を聞いた瞬間、我慢していた気持ちが崩れ、先生の前で号泣してしまいました。
先生からは、『流産の対応が出来るへ紹介状を書きますので、週明けにどこかに持って受診してください。そこで、診てもらってもう少し様子見ましょうって言われるかもしれませんし。。。』と


主人と、落ち着いてからゆっくり話をしました。
2人で、最後まで信じようと。

週明けに産婦人科へ行ってきました。
そこで告げられたのは、厳しい言葉でした。
先生は私の顔を見ることもなく、『どういう理由でここへ?』と言われ、
『流産の対応できるに受診するよう言われたので』と伝えると、
『流産の処置をしにきたって事ですね』と唐突に言われました。

その後も、その冷たくて事務的な態度の先生は、傷口に塩を塗るかのようなことを
ズバズバ言い。。。
内診の結果、やはりモニターにはまだ赤ちゃんは写っておらず。。。
先生から、どうしますか?と聞かれたけど、私の中で諦めることがどうしても出来ず、
しばらく黙りこもっていたら。。。
先生の口から『人間が見ているので、絶対はないです。もう少し様子を診てから決めても良いでしょうし。。。』と。
なので、もう一度だけ診てもらう様お願いをし、来週診ていただき、成長がみられなければ翌日手術となります。

顕微授精の場合は、排卵・受精・移植とスケジュールがはっきりわかっているため、
今のこの時点で見えないことは、かなり可能性が低いと言うことらしいです。
自然妊娠の場合は、排卵時期がはっきりわかりにくいため、今の時点で見えなくても
様子みましょうってことらしいです。

一週間、私は一生懸命信じたいと思います。
奇跡が起きると信じながら、諦めずに過ごしたいです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

信じて!

始めましてzumiといいます。
ブログ村からきました。
私も二年前に同じような経験をしているので、不安な気持ち分かるつもりです。
私のお友達にはミラクルかと思うような妊娠の継続をした人もいます!
どうかどうかお腹の赤ちゃんのことを信じてて過ごしてあげてください。
私も微力ながら祈っています。

>zumiさんへ

お返事、遅くなってすみません。
コメントありがとうございました。

zumiさん自身、辛い経験をされたのですね。。。
不安な気持ちは、ず~っとありますが、今は信じたい気持ちの方が大きいです。
最後まで諦めずにいたいなって思っています。
一緒に祈ってくださって本当にありがとうございます。


Poodle時計(Black)
プロフィール

コマサブロ~

Author:コマサブロ~
FC2ブログへようこそ!

結婚して9年目(=⌒ー⌒=)
不妊治療してます☆

2003年    結婚

2004年    タイミング法

2005年~2006年 AIH(4回) 
        転院→AIH(3回) 
        計7回結果が出ず
        ステップアップ↑

2006年9月  顕微授精(初)×


2007年6月  凍結胚移植×
        
         
2007年7月 凍結胚移植
      (2回目)×

2007年9月 顕微授精
      (2回目)×
                 
         

2008年3月 顕微授精
      (3回目)
       ↓
    初めての陽性反応
       ↓       
     胎嚢確認 
       ↓
    心拍確認できず、
    8週で稽留流産

2008年10月 顕微授精
      (4回目)×
        
        
2009年9月  転院
 
卵管造影→右卵管閉塞の疑い
子宮鏡検査→異常なし

2010年1月 採卵9個
      ↓
     成熟卵5個
初期胚1個→胚盤胞2個(凍結)

2010年3月 凍結胚盤胞移植
     (SEET法 AHA)

2010年4月 陽性反応 
       ↓
     胎嚢確認(5W)
       ↓
     胎芽確認(7W)
       ↓
     心拍確認できず 
     稽流流産(8W)

 10月 不育症検査→異常なし

10月 凍結胚盤胞移植(ST法)

 11月 判定→着床反応(+)
     化学流産

2011年1月 不育症検査
        ↓
     抗リン脂質抗体症候群

    2月 凍結胚移植
       (初期胚)
      
    3月 着床反応
        ↓
      化学流産   
     
  12月 採卵5個
     顕微(7割)&体外(3割)
          ↓    
     初期胚1個 胚盤胞2個
      (全凍結)
  
2012年2月 二段階移植
 
   3月 陽性反応
       ↓
      心拍確認

     

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。