スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『体外受精教室』に参加してみて♪

今日は、夕方から、『体外受精教室』に参加する日でした

夫婦で行くつもりが、行く前に、もう一度確認の電話をしたところ、
予約を入れた際に、自分だけで予約をしたと伝えると、
定員いっぱいの為、入ることは出来ても、座れませんと言われ。。。

休みを取ってくれた旦那さんには、申し訳が無かったけど、
私一人で参加することに。。。

二人で行くつもりだったので、急に、心細くなってしまったけど
意を決して、参加

行ってみると、夫婦で参加されてる方が多く、
何だか、協力的な旦那さんが多いんだな~って
他人事だけど、微笑ましく感じました

もちろん、私は一人で行ったけど、行く気満々だった旦那様も
協力的な旦那様の一人ですよ


教室が始まってみて、思ったこと。。。
私が知ってる知識を、復習してるみたいで、
途中、聞いてても、知ってるんだけどなぁ~。。。なんて気持ちが出ちゃいました

一通りの説明が終わり、質問タイムに入ったときのこと。。。

一人の患者さんが、『誘発剤の副作用について教えていただきたいのですが』と
先生に質問したのですが、少し、不愉快な気持ちになってしまったので、
ブログに書こうと思います。

先生:『先ほども説明したように、卵巣刺激症候群になり、○×△。。。。。。』との説明に

患者さん:『。。。では無く、聞いたところによると薬を飲んで、めまいがしたりすることもあると聞いたのですが。。。』と。

先生:『頭痛・めまい・胸の張り等、人それぞれございますが、市販の薬を飲んでも副作用が出る事はあります。なので、人によってはさまざまですが、問題はありません!』と


私が、そこで思ったのは、患者さんが聞きたかったのは、
デメリットではなく、誘発剤によって、どんな症状が出る可能性があるのか
ただ、それだけを聞きたかっただけなのに、
聞いたことで、先生が気分を害したのでは。。。と思う返し方で
何だか、聞いていて不愉快な気持ちになっちゃったのです


確かに、研究を重ね、偉い先生なのは間違いないかもしれません。
と言うか、偉大な先生であると思います。

有名なクリニックで、自信があるのもわかるのですが、
私たちが思う、素朴な疑問や、不安な気持ちに
もう少し敏感に感じて欲しいかも。。。と思いながら、
帰ってきた私でした。


ただ、技術にたいしては、期待も成果もあるクリニックなので、
今後、私自身の治療が、どのように進んでいくのか、
とても興味があるのも正直な所で。。。
転院して、まだ間もないため、自分自身が敏感になりすぎてる部分もあるのかもしれません。

これから、もっと色々あるかもしれないけど、
先生とは、正直に伝えあいながら、
無理せずに、頑張っていこうと思います。

悶々としたり、期待したり。。。
気持ちが複雑な状況ではありますが、応援のポチをよろしくお願いいたします
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Poodle時計(Black)
プロフィール

コマサブロ~

Author:コマサブロ~
FC2ブログへようこそ!

結婚して9年目(=⌒ー⌒=)
不妊治療してます☆

2003年    結婚

2004年    タイミング法

2005年~2006年 AIH(4回) 
        転院→AIH(3回) 
        計7回結果が出ず
        ステップアップ↑

2006年9月  顕微授精(初)×


2007年6月  凍結胚移植×
        
         
2007年7月 凍結胚移植
      (2回目)×

2007年9月 顕微授精
      (2回目)×
                 
         

2008年3月 顕微授精
      (3回目)
       ↓
    初めての陽性反応
       ↓       
     胎嚢確認 
       ↓
    心拍確認できず、
    8週で稽留流産

2008年10月 顕微授精
      (4回目)×
        
        
2009年9月  転院
 
卵管造影→右卵管閉塞の疑い
子宮鏡検査→異常なし

2010年1月 採卵9個
      ↓
     成熟卵5個
初期胚1個→胚盤胞2個(凍結)

2010年3月 凍結胚盤胞移植
     (SEET法 AHA)

2010年4月 陽性反応 
       ↓
     胎嚢確認(5W)
       ↓
     胎芽確認(7W)
       ↓
     心拍確認できず 
     稽流流産(8W)

 10月 不育症検査→異常なし

10月 凍結胚盤胞移植(ST法)

 11月 判定→着床反応(+)
     化学流産

2011年1月 不育症検査
        ↓
     抗リン脂質抗体症候群

    2月 凍結胚移植
       (初期胚)
      
    3月 着床反応
        ↓
      化学流産   
     
  12月 採卵5個
     顕微(7割)&体外(3割)
          ↓    
     初期胚1個 胚盤胞2個
      (全凍結)
  
2012年2月 二段階移植
 
   3月 陽性反応
       ↓
      心拍確認

     

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。