スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凍結胚移植日決定!!

昨日の検査結果がGOサインが出なかったので、
本日やり直し受診

午後から仕事だったので、
早朝予約をし、採血→検査結果→GOとなりました

無事に数値が上がってくれて良かったです

今回の移植法は、ST法(培養液内膜刺激法)と言われる方法での移植となります。

SEET療法は胚盤胞を移植する3日前に胚を育てた培養液を子宮内に注入し子宮内膜を着床しやすい環境にする方法。
しかし胚培養液は非常に微量な為、SEET療法は採卵1回につき一回だけしか施行できず、2回目以降の移植には、SEET療法は出来ないことになる。
SEET療法に準じて、培養液のみ(その培養液の中で胚は育ってません)を移植3日前に子宮内に注入した後、胚盤胞移植すると言う方法ST療法
    

SEET療法のような胚由来の因子による子宮内膜への修飾はありませんが、
培養液の子宮内への注入により物理的に内膜が刺激を受け、着床に有利な環境を作り出すことを期待する。

ST療法のこれまでの成績妊娠率58%であり、従来の胚盤胞移植での妊娠率54%と比べ、
若干高い傾向にあると言える。               【当クリニック説明書参照】


長い説明になりましたが、
少しでも可能性が高くなる方法を選び、臨もうと思います。
費用的にも、1500円なので、負担も少ないですし。。。


凍結胚移植日が、10月26日に決まりました
後は、薬の服用と、膣座薬を忘れずにすることです

当日、融解確認が無事出来、移植が出来ますように。。。

応援のポチをよろしくお願いします。
にほんブログ村 マタニティーブログ 顕微授精へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Poodle時計(Black)
プロフィール

コマサブロ~

Author:コマサブロ~
FC2ブログへようこそ!

結婚して9年目(=⌒ー⌒=)
不妊治療してます☆

2003年    結婚

2004年    タイミング法

2005年~2006年 AIH(4回) 
        転院→AIH(3回) 
        計7回結果が出ず
        ステップアップ↑

2006年9月  顕微授精(初)×


2007年6月  凍結胚移植×
        
         
2007年7月 凍結胚移植
      (2回目)×

2007年9月 顕微授精
      (2回目)×
                 
         

2008年3月 顕微授精
      (3回目)
       ↓
    初めての陽性反応
       ↓       
     胎嚢確認 
       ↓
    心拍確認できず、
    8週で稽留流産

2008年10月 顕微授精
      (4回目)×
        
        
2009年9月  転院
 
卵管造影→右卵管閉塞の疑い
子宮鏡検査→異常なし

2010年1月 採卵9個
      ↓
     成熟卵5個
初期胚1個→胚盤胞2個(凍結)

2010年3月 凍結胚盤胞移植
     (SEET法 AHA)

2010年4月 陽性反応 
       ↓
     胎嚢確認(5W)
       ↓
     胎芽確認(7W)
       ↓
     心拍確認できず 
     稽流流産(8W)

 10月 不育症検査→異常なし

10月 凍結胚盤胞移植(ST法)

 11月 判定→着床反応(+)
     化学流産

2011年1月 不育症検査
        ↓
     抗リン脂質抗体症候群

    2月 凍結胚移植
       (初期胚)
      
    3月 着床反応
        ↓
      化学流産   
     
  12月 採卵5個
     顕微(7割)&体外(3割)
          ↓    
     初期胚1個 胚盤胞2個
      (全凍結)
  
2012年2月 二段階移植
 
   3月 陽性反応
       ↓
      心拍確認

     

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。