スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産レポ②

子宮口が、全開となったので、
19時、分娩台へ移動する
ここから力んでも良いと言われる。
若い先生が2人いるけど、モニター見ながら2人でコソコソ話してて、私の方を見ず
指示もなし。
 
何もかも初めてで、力むタイミングがよくわからず、陣痛が来たら力んでたら、助産師から、『無理やり力んで無い?』って言われ…
陣痛室でピークだった陣痛が、
どうも弱まってしまったらしい
それから、なかなか力めず
そして、ここでおかしい事に気づく
助産師の実習生が主導して、
術着を着てる。
助産師は、時々席を外し、いなくなったり
あれ、思ってたのと違う…でも、私は、陣痛と呼吸と力むので精一杯
 
ずっと、だいちゃんの頭が見えてると言われ、髪の毛フサフサだと言われて、もう少しだと思いながら頑張るも、
なかなか出て来る気配無く
1時間程経って、陣痛促進剤開始される
頑張って何度も力むも、変化なし。
心拍のモニターが見えてたので、
とりあえずだいちゃんが元気か確認しながら、頑張る
途中、だいちゃんの心拍がグーンと下がったみたいで、私に分からないように、実習生が、助産師にデータの紙を見せた時、たまたま私にも見えてたので、気づきましたが…
 
分娩室に入り、2時間が過ぎた頃、
ベテランの先生が登場~
ここから、流れがガラッと変わり
ベテラン医師は、助産師に
『時間がかかり過ぎてる』と…
 
そこから、お腹を圧迫して出そうとするも、だいちゃんは出ず
吸引分娩となる。
ここで、私、色々吸引分娩について聞いてたので、どうにかならないかと先生に問うも、早く出してあげましょうとの事で、承諾。
 
気づけば、医師3名、助産師も何名かで、沢山人が居ました
そして、皆、術着に着替えてました?
 
吸引分娩開始?
お腹を圧迫する先生と息を合わせて
頑張るも一度目は失敗。
二度目もダメ
さすがに3時間を経とうとしてたので、
私も力が無くて、疲れてるし、
何よりだいちゃんに酸素を送る為、
酸素マスクがつけられました
 
ここで、また問題が
マスクの位置がズレまくってて、
私…自分でなおしました
 
そして、三度目?
皆で声をかけてもらいながら
踏ん張って、だいちゃん出産
 
声が聞こえた瞬間、
やっと会えると思ったのもつかの間、
だいちゃんの呼吸に異常が出て
すぐに、小児科の医師登場~
NICU行きとなり、手を少し触ったら
また離れ離れ
 
そして、私…
胎盤が剥離せず、急遽麻酔をし
胎盤をかきだすことに
 
麻酔が覚めて、目を開けたら家族が居て、医師とかはもうおらず。
しばらく説明があり、
貧血と痛みがありましたが、
我が子に会いたい一心で、
NICUへ…
 
点滴やモニターをつけられた我が子が
可哀想でもあり、やっと会えた事に感謝を感じ、自室へ。
 
夜中の2時を過ぎてたと思います。
それから1時間程寝ましたが、
会陰切開の痛みが酷くて、
それからは、寝れず
 
そんな、コマサブロ~の難産出産レポでしたm(_ _)m
初産で、時間がかかるのは仕方が無いと思い挑んだ出産。
後で、友達に話したりすると、
分娩室に入って3時間かかるなんて
あり得ないと言われました
 
実習生は、もちろん頑張ってくれましたが、指導する助産師がハズレだったかと…
 
こうして、今は笑い話となりましたが
やはり、出産は命がけだと感じました
母子ともに無事で本当に何よりです。
 
立ち会ってくれた、旦那様と母には辛い思いをさせてしまいましたが、
立ち会ってくれて良かったです
 
長々と読んでくださってありがとうございました
 
それからの育児の様子も、
少しづつ、アップしていきたいと思ってます

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Poodle時計(Black)
プロフィール

コマサブロ~

Author:コマサブロ~
FC2ブログへようこそ!

結婚して9年目(=⌒ー⌒=)
不妊治療してます☆

2003年    結婚

2004年    タイミング法

2005年~2006年 AIH(4回) 
        転院→AIH(3回) 
        計7回結果が出ず
        ステップアップ↑

2006年9月  顕微授精(初)×


2007年6月  凍結胚移植×
        
         
2007年7月 凍結胚移植
      (2回目)×

2007年9月 顕微授精
      (2回目)×
                 
         

2008年3月 顕微授精
      (3回目)
       ↓
    初めての陽性反応
       ↓       
     胎嚢確認 
       ↓
    心拍確認できず、
    8週で稽留流産

2008年10月 顕微授精
      (4回目)×
        
        
2009年9月  転院
 
卵管造影→右卵管閉塞の疑い
子宮鏡検査→異常なし

2010年1月 採卵9個
      ↓
     成熟卵5個
初期胚1個→胚盤胞2個(凍結)

2010年3月 凍結胚盤胞移植
     (SEET法 AHA)

2010年4月 陽性反応 
       ↓
     胎嚢確認(5W)
       ↓
     胎芽確認(7W)
       ↓
     心拍確認できず 
     稽流流産(8W)

 10月 不育症検査→異常なし

10月 凍結胚盤胞移植(ST法)

 11月 判定→着床反応(+)
     化学流産

2011年1月 不育症検査
        ↓
     抗リン脂質抗体症候群

    2月 凍結胚移植
       (初期胚)
      
    3月 着床反応
        ↓
      化学流産   
     
  12月 採卵5個
     顕微(7割)&体外(3割)
          ↓    
     初期胚1個 胚盤胞2個
      (全凍結)
  
2012年2月 二段階移植
 
   3月 陽性反応
       ↓
      心拍確認

     

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。