スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊治療を始めた理由

私達夫婦は、結婚してからすぐに子供が欲しいと思っていた。
結婚する前から、生理不順だったこともあって、もしかしたら私に原因があるのでは?
と思い始めたのが、結婚してから1年ぐらい経った時に、婦人科の門を叩いた。。。

色んな検査をした。
最終的には、卵管造影の検査をした。
痛いとは聞いていたけど、痛すぎて痛すぎて泣きそうだった
問題は無いとの事で、先生から言われたのは、ご主人の検査を一度してみてくださいと。。。
主人に話しをし、検査を受けることに。
何だか怪しいを紹介されて行ってみたら、精子が何匹かしかいないですね。。。との結果
更に大きいを紹介されて、行ってみた。
『問題ないですよ』の一言にホッとした
日本男性の平均よりは少ないですが、WHOの基準はクリアーしてますから~と

何度か行く毎に、状況が変わり。。。
やはり、少ないですね。。。との事で、AIHを薦められ、治療を始めた。
検査や、タイミング合わせ等で、この頃は結婚して2年の月日が過ぎていた。

たまたま、仲の良い友達が、顕微授精をしていて、不妊治療はそんなに遠い存在ではなかった。
ただ、自分が顕微授精をする状況になるとは、この時はまだ思っていなかった。

詳しくは何も知らず、調べることも無く治療を開始した。
先生の言われるがままに。。。
AIHをすれば、妊娠できるんだろうと思っていた。
でも、現実は厳しかった

治療を始めたきっかけでした。

ポチッとしていただけるとありがたいです
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


Poodle時計(Black)
プロフィール

コマサブロ~

Author:コマサブロ~
FC2ブログへようこそ!

結婚して9年目(=⌒ー⌒=)
不妊治療してます☆

2003年    結婚

2004年    タイミング法

2005年~2006年 AIH(4回) 
        転院→AIH(3回) 
        計7回結果が出ず
        ステップアップ↑

2006年9月  顕微授精(初)×


2007年6月  凍結胚移植×
        
         
2007年7月 凍結胚移植
      (2回目)×

2007年9月 顕微授精
      (2回目)×
                 
         

2008年3月 顕微授精
      (3回目)
       ↓
    初めての陽性反応
       ↓       
     胎嚢確認 
       ↓
    心拍確認できず、
    8週で稽留流産

2008年10月 顕微授精
      (4回目)×
        
        
2009年9月  転院
 
卵管造影→右卵管閉塞の疑い
子宮鏡検査→異常なし

2010年1月 採卵9個
      ↓
     成熟卵5個
初期胚1個→胚盤胞2個(凍結)

2010年3月 凍結胚盤胞移植
     (SEET法 AHA)

2010年4月 陽性反応 
       ↓
     胎嚢確認(5W)
       ↓
     胎芽確認(7W)
       ↓
     心拍確認できず 
     稽流流産(8W)

 10月 不育症検査→異常なし

10月 凍結胚盤胞移植(ST法)

 11月 判定→着床反応(+)
     化学流産

2011年1月 不育症検査
        ↓
     抗リン脂質抗体症候群

    2月 凍結胚移植
       (初期胚)
      
    3月 着床反応
        ↓
      化学流産   
     
  12月 採卵5個
     顕微(7割)&体外(3割)
          ↓    
     初期胚1個 胚盤胞2個
      (全凍結)
  
2012年2月 二段階移植
 
   3月 陽性反応
       ↓
      心拍確認

     

夢を叶えるための名言集


presented by 地球の名言
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
RSSフィード
リンク
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。